大人の英語学習

【2018年】IELTS 筆記・スピーキング試験当日の流れを徹底解説

こんにちは!ぽこたにです。

 

先日、初めてのIELTS 試験を受験しました!

いやー久しぶりの試験でかなり緊張しましたよ、ほんと…。

 

ぽこたに
ぽこたに
この記事では、そのIELTS試験当日の流れについて詳しく説明します!

IELTSにはいろいろな種類がありますが、今回わたしが受験したのは

  • IELTS General
  • 筆記とスピーキングが同日実施
  • 日本国内受験
  • 受験日: 2018年9月

という条件です。

条件が違うと、当日の流れも違うので注意してください!

IELTS試験当日の流れ(筆記)

試験会場に到着(8:00~8:40)

当日することは、なにはともあれ試験会場に到着すること。

試験開始は9:00am

受付開始は8:00~8:40amまでなので、それに間に合わせて行きます。

 

時間に関してはかなりシビアなので、8:40amを過ぎたら確実に受験できません

もちろん返金も再受験もできないので、とにかく時間に遅れないように気を付けましょう!!

手荷物を預ける(8:00~8:40)

試験会場とは別に、手荷物をすべて預ける部屋があります。

大きな透明のビニール袋を渡されるので、その中に自分の荷物を全ていれます。

預けるものは:

  • スマホ
  • 財布
  • ペンケース
  • 不要な飲み物
  • 勉強道具

など、試験に必要ないものはすべて預けます。

 

荷物を預けたあと、タグを2枚もらうのでそこに受験IDを書きます。

1枚目のタグ→荷物が入ったビニール袋に入れる

2枚目のタグ→自分のパスポートに貼りつける

トイレに行く

トイレに行くなら今!

受付を済ます前のこのタイミングがベストです。

と言うのは、一旦受付を済ませてしまうと、簡単にトイレには立てません!!

 

一旦受付を済ませてしまうと、部屋から出るにはどんな理由であれ

  1. パスポートの提出
  2. 指紋のチェック
  3. スタッフがトイレまでついていく

という手順を踏む必要があります。

非常に面倒です。

しかも退室時間、回数なども記録に残る

受付をする前にトイレにいっておきましょう。

受付(写真、指紋)

次は受付

試験に必要なもの(えんぴつ等)だけを持って、受付カウンターに行きます。

受付では

  1. パスポートを提出
  2. 名前の確認
  3. 顔写真の撮影
  4. 指紋登録
  5. メガネのチェック

をします。

メガネチェックは、カンニング防止のため小型カメラがないかチェックしているんだと思います。

指紋は替え玉受験防止のためだと思われます。

試験会場で待機

一旦受付を済ませて試験会場に入室すると、あとは座って待つだけ。

スマホなどはすでに預けてあるので、やる事はありません。

とにかく座って待つ。

もちろん試験勉強の本も持ち込めません

トイレはまだ間に合いますが、行きたい場合はスタッフに申し出る必要があります。

筆記試験の説明開始

そしてついに9:00am!!

試験の説明開始!

まずは試験監督者たちが試験の流れと時間について説明します

ぽこたに
ぽこたに
ちなみに、この時の説明はすべて英語です。

リスニング用の音声チェックもあります。聴こえづらい場合は必ずその旨を伝えましょう。

リスニングとリーディングの解答用紙が配られます。

名前や日付などの記入、そのチェックなどが行われるので説明通りに書きましょう。

筆記試験開始!!!

そしていよいよ筆記試験開始!!!

試験が始まったらあとは試験監督の説明通りに試験を進めるだけです。

試験の流れは

  1. リスニング
  2. リーディング
  3. ライティング

の順番です。

終わるまで途中に休憩はありません。

 

リーディングかライティングの途中で試験監督がパスポートを確認しにきます。

勝手にパスポートを開いて勝手に顔写真を確認していくだけなので、気にせず試験に集中しましょう。話す必要はありません。

筆記試験終了

そして筆記試験終了

試験終了は大体12:30pmごろです(若干ズレます)。

試験の問題、回答用紙がすべて回収されるまで退室できません。

この時、スピーキング試験についての説明もあると思います(時間、会場など)。

間違えないように確認しましょう。

退室、荷物回収

試験が終わったら退室と荷物回収

退室時は指紋をとりません。

手荷物置き場に行き、荷物を回収します。

 

スピーキングが別日にある DAY2 試験なら、ここで一旦終了です。

スピーキングが同日にある場合、この後にスピーキングの試験があります。

(※わたしはスピーキングも同日にありました。)

スピーキング試験までの待ち時間

筆記試験が終わったら、スピーキング試験まで待ちます

 

待ち時間は人それぞれ(予約表を確認してくださいね)。

早ければ1時間、遅いと5時間ほど待ち時間があります。

わたしは一番遅く、6:10pm 開始でした。

 

スピーキング試験は筆記とは別の試験会場で行われる事があるので、必ず確認しましょう!!!

わたしの受験した日は、筆記の試験会場から徒歩5分という近い会場でスピーキングがありましたが、場合によってはもっと遠いようです。

昼食時間、移動時間を事前にチェックしましょう。

IELTS試験当日の流れ(スピーキング)

会場到着、受付

スピーキングの試験時間に近づいたら、会場で受付をします。

スピーキングの受付時間は試験開始の20分前です。

【例】
試験開始 6:10pm
受付時間 5:50pm

筆記試験同様、一度受付をしてしまうとトイレに行くのに指紋をとったり面倒なので、あらかじめトイレは済ませておくことをおすすめします。

 

受付では

  • パスポートの確認
  • 指紋認証
  • サイン(パスポートの通り)

をします。

スピーキングも荷物は預けます。

スピーキング試験順番待ち

受付が済んだら、自分の番になるまで待合室で待機します

自分の番がくると、面接官(ネイティブスピーカー)に名前を呼ばれます。

面接官
面接官
Next… Hanako Suzuki?
ぽこたに
ぽこたに
Yes!

余談ですが、なぜか普通に「はい」と日本語で返事をしている人がほとんどでした。

でも、せっかくなのでここは「Yes!」「That’s me」とは言ってみるのもいいかも。

英語で名前呼ばれてるのに、「はい」じゃちょっと…というのが正直な感想でした。

部屋に案内されるので、そのまま従えばOKです。

スピーキング試験開始!

そしていよいよスピーキング試験開始

面接官の性格によると思いますが、わたしの担当者はとてもフランクな感じでした。

試験の部屋まで歩く途中、

面接官
面接官
So, are you ready for the test?(心の準備はどうだい?)

など、雑談も加えてくれてホッとしました。

無言の面接官もいるそうなので、こればかりは当日になるまで分かりません。

 

試験は小さめのデスクに向かい合わせで話すスタイル。

席につくと、面接官がレコーダーをスタートして、試験の準備がはじまります。

面接官が

  • 今日の日付
  • 受験番号
  • テスト番号
  • 受験者氏名
  • 開始時間

をレコーダーに録音するので、静かに聴いていればいいです。

 

そのあと名前などを聴かれるので、指示通りに言いましょう。

パスポートなども提示します。

そしていよいよ試験スタート!!

スピーキング試験終了

そしてスピーキング試験終了

面接官
面接官
That’s it for the speaking exam. (スピーキング試験は以上で終了です)

と言われるので、そこで終了です。

荷物を取り、受付で指紋認証して、終わり!!

おつかれさま!!

さいごに

IELTS 試験本当に緊張しますよね。

当日あたふたしない為にも、試験の流れを事前によく確認して、自信を持って当日を迎えられるようにりましょう!